FC2ブログ

放射能とはどんなものなのか?

放射能汚染は目で見ることが出来ません。 今は、放射能測定器というものもあるようです。  原発事故により身近な物になってしまった今、放射能とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放射能物質の半減期とは?

放射能物質を考えるとき、よく「半減期」という言葉を耳にします。

「半減期」とは、放射性物質が崩壊して、元の半分の量になるまでの期間を示した言葉です。

放射性物質は時間の経過と共に、放射線を出す能力が弱まっていきます。
半減期で元の半分になり、時間が経過することで放射線の量が半減期ごとに2分の1になっていきます。
徐々に時間が経過することで、最終的には放射能を持たない安定した同位体となるのです。

放射性物質によって、半減期の期間は異なります。
1マイクロ秒に満たないものから1900京年に及ぶものまで存在するのです。

また、半減期が長い元素ほど、少しずつ放射線を放出する為に放射能濃度が低いとされています。
逆に半減期が短い元素は短期間に放射線を放出する為、放射能濃度が高いと言うことになるのです。

しかし、半減期が短い放射性物質でも、安心とはいえません。
なぜなら、放射性物質の中には、人体の特定の部位に蓄積してしまうものがあるのです。
人体に蓄積する事で、放射線を放出し続ける事になります。

半減期は、放射性物質の危険性のひとつの目安になります。
しかし、半減期に惑わされることなく、全ての放射性物質に注意しておいたほうが良いでしょう。



  1. 2012/02/14(火) 09:20:35|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<放射能のホットスポットとは? | ホーム | 放射性物質ヨウ素について考える!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://housyanou625.blog.fc2.com/tb.php/7-b248d8b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。