FC2ブログ

放射能とはどんなものなのか?

放射能汚染は目で見ることが出来ません。 今は、放射能測定器というものもあるようです。  原発事故により身近な物になってしまった今、放射能とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放射性物質ヨウ素について考える!

放射性物質は様々な種類があります。

その中でも放射性物質ヨウ素はキケンな部類に入るかもしれません。

実は、ヨウ素と言う物質は人間の身体の中で、甲状腺ホルモンを合成するのに必要なのです。
そのため、放射性物質のヨウ素が空気中にあると、簡単に体内に取り込んでしまいます。
人体の組織に吸収された放射性物質のヨウ素は、血液中から甲状腺に集まり、蓄積されていきます。

その後、甲状腺の細胞を破壊し、破壊された細胞が分裂を繰り返す事によって被曝してしまいます。
最悪の場合、甲状腺がんを発症してしまう可能性もあるのです。

特に問題なのは子供の場合でしょう。
成長期の子どもは細胞分裂も年齢が低いほど活発なことと、甲状腺が大人よりも多くの放射性ヨウ素を取り込んで蓄積してしまうのです。

しかし、放射性ヨウ素131の場合は、半減期が8日間で減少していきます。
ほかにも、40歳以上の方は細胞分裂が活発に行われる時期が過ぎていることから、被曝して、甲状腺がんが発生する事は少ないと言えます。






  1. 2012/02/07(火) 09:18:52|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<放射能物質の半減期とは? | ホーム | 放射性物質テルルについて考える!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://housyanou625.blog.fc2.com/tb.php/6-c5135125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。