放射能とはどんなものなのか?

放射能汚染は目で見ることが出来ません。 今は、放射能測定器というものもあるようです。  原発事故により身近な物になってしまった今、放射能とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放射性物質テルルについて考える!

放射能物質には種類があり、私たちが知らないものも多く存在します。

そんな中で『テルル』と言う放射性物質が存在します。

テルルは、原子力で発電するときに原子炉内での副産物として発生します。

テルル129やテルル132などと呼ばれ、揮発性が高いのが特徴です。
つまり、遠くまで飛んで行く事が可能な物質と言うことなのです。

テルル132の半減期は約3日とされ、人体への影響は小さいと言われています。
しかし、テルル129は半減期が約33日であるものの、ベータ線を出しながら崩壊した後には、
半減期が1600万年と、半永久的に無くならない放射性物質である放射性ヨウ素129に変化してしまいます。

この放射性ヨウ素129は、体内の甲状腺に蓄積され、最終的に甲状腺がんを発症する可能性があります。

このように、変化後とても危険な放射性物質になるものも存在します。
一概に半減期が短いから関心と言うわけには、いかないようですね。





  1. 2012/01/31(火) 09:16:47|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<放射性物質ヨウ素について考える! | ホーム | 放射性物質プルトニウムについて考える!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://housyanou625.blog.fc2.com/tb.php/5-9c7d441e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。