FC2ブログ

放射能とはどんなものなのか?

放射能汚染は目で見ることが出来ません。 今は、放射能測定器というものもあるようです。  原発事故により身近な物になってしまった今、放射能とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放射性物質プルトニウムについて考える!

放射性物質には、いろんな種類があり、私たちの耳に入ってくるのは、ほんの一握りです。
そんな放射性物質の種類と危険性について、調べています。

今回は『プルトニウム』です。

この『プルトニウム』という言葉、よく聞くと思います。
それは、プルトニウムがこの世で一番恐ろしい毒物だと言われているからではないでしょうか。

プルトニウムは、アルファ線を放出する放射性物質です。
外部被曝よりも内部被曝に問題があるのです。
プルトニウムを体内に取り込んだ場合、体内でアルファ線が放出される為に人体に悪影響を及ぼすのです。

プルトニウムを食べ物から摂取した場合、その殆どが体外へ排出されてしまいます。
しかし、空気中に浮遊しているプルトニウムを吸入し体内に取り込んでしまった場合、大変なことになります。

気道はプルトニウムを吸収し、大部分が気道の粘液によって食道へ送り出されます。
そのとき、4分の1程度は肺に蓄積され、最終的に肺がんへと発展してしまう可能性があるのです。

他にも、胸のリンパ節に取り込まれたり、生殖線などにも取り込まれたりもします。

プルトニウムの半減期は2万年以上とも言われています。
体内に吸収されてしまうと、永久的に放射線の影響を受けてしまうということです。

現段階、動物実験においては、プルトニウムによる発がん性は認められています。
しかし、人体においてプルトニウムが原因で肺がんを発症したと科学的に証明されてはいないのです。


一刻も早く、安全で安心な生活が送れますように・・・。


  1. 2012/01/24(火) 09:43:32|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<放射性物質テルルについて考える! | ホーム | 放射性物質ストロンチウムについて考える!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://housyanou625.blog.fc2.com/tb.php/4-7a1199ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。