放射能とはどんなものなのか?

放射能汚染は目で見ることが出来ません。 今は、放射能測定器というものもあるようです。  原発事故により身近な物になってしまった今、放射能とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

内部被曝を避ける!

これまで、放射線の危険性などに着目してきました。
特に私たちにとって『内部被曝』は、大変キケンなものだと理解できたと思います。

なんとか内部被曝を避けようとするとき、どのような処置ができるでしょうか?


実は、体内に入ってしまった放射線は、数日で汗や尿で出ると言われています。

しかし、放射性ヨウ素などは甲状腺にたまりやすいなどの特徴があるため、
甲状腺機能の低下や甲状腺がんの原因になることがあります。

では、どのように回避できるのか?
甲状腺は元々ヨウ素がたまるようになっています。
そのため、常にヨウ素を満たしていれば、放射性ヨウ素がたまることなく外に出るのです。

このことから、一時的に体内のヨウ素を満たせる安定ヨウ素剤の利用することなどが有効であると考えられています。

しかし、放射線を発する核種はヨウ素に限られていないことや、
安定ヨウ素剤は先に服用しておく必要があることなどから、完璧に内部被曝を避けるとは言えません。


やはり、出来るだけ食物などの内部被曝を避けることが一番重要でしょう。




  1. 2012/07/24(火) 14:11:38|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島原発事故とチェルノブイリ事故 | ホーム | 内部被曝と外部被曝の違い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://housyanou625.blog.fc2.com/tb.php/30-f53086a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。