放射能とはどんなものなのか?

放射能汚染は目で見ることが出来ません。 今は、放射能測定器というものもあるようです。  原発事故により身近な物になってしまった今、放射能とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子供の危険性について

放射能の影響は、大人より子どもに多く出ると言われています。

放射能は、遺伝子に影響を及ぼします。
遺伝子を傷つけたり、破壊したりするのです。
それが原因で、様々な影響がでることになります。

特に子どもは幼ければ幼いほど、成長のための細胞分裂が活発です。
そのため、放射能などで遺伝子が傷つけられた場合、その傷つけられた遺伝子が分裂によって急速に増えてしまうのです。

同じ理由で妊婦への影響も懸念されています。
お腹の中の胎児に対して、影響が大きいと考えられているのです。

代表的なものが、癌です。
傷つけられた遺伝子の影響で癌のリスクが高くなります。


未来ある子どもたちの体を少しでも安全な環境で育てたいですよね。
意識しすぎも問題あるかもしれませんが、最小限の知識は持っていたいものです。



  1. 2012/07/03(火) 14:08:06|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自分でできる除染 | ホーム | 原発事故と危機意識>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://housyanou625.blog.fc2.com/tb.php/27-f72d2152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。