放射能とはどんなものなのか?

放射能汚染は目で見ることが出来ません。 今は、放射能測定器というものもあるようです。  原発事故により身近な物になってしまった今、放射能とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セシウムが及ぼす人体への影響

福島電子力発電所の事故以来、『セシウム』という言葉をよく耳にするようになりました。

実は、放射性物質の中でも、特に人体に悪影響を及ぼすのは放射性ヨウ素と放射性セシウムなんです。

特にセシウムは、放射性ヨウ素の半減期が8日と短いのに比べて、
セシウム134で2年、セシウム137で30年と大変長い半減期を特徴としていることからも、
危険性が高いとされているんです。


今回は、そのセシウムが人体へ与える影響について、調べてみました。

セシウムが体内に取り込まれると、体内の様々なところに広がり内部被曝を受けることになります。
特に消化器や筋肉に集まりやすいと言われ、遺伝子や染色体を直接傷つけることも問題でしょう。

遺伝子や染色体を傷つけることは、癌の発生率を高めるということになります。
もちろん、絶対癌になるというわけではありませんし、
専門家の中では、癌になりやすくなるという意見に否定的な人もいます。

しかし、人体への影響があることは間違いなく、
不妊やけいれん、歩行困難、心臓血管系の疾患が増えるなどの影響が代表的でしょう。




  1. 2012/06/19(火) 14:03:55|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<原発事故と危機意識 | ホーム | 野菜宅配で安全な野菜を食べる!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://housyanou625.blog.fc2.com/tb.php/25-c3bc150b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。