放射能とはどんなものなのか?

放射能汚染は目で見ることが出来ません。 今は、放射能測定器というものもあるようです。  原発事故により身近な物になってしまった今、放射能とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放射性物質から子どもを守ろう!

放射性物質の汚染の恐ろしいところは、それが目に見えないということでしょう。

すぐに影響が出ないことも、問題でしょう。
一度に大量の放射性物質を浴びるのでない限り、体内に蓄積された放射性物質の影響が出るのは、早くても四年後だといわれています。
もちろん何十年後と言う可能性もあります。

しかし、子どもは細胞分裂が活発ですから、より放射性物質の影響を受けやすいとされています。
他にも、男性より女性の方が発ガンなどのリスクが高いと言われているのです。
今は大丈夫なようでも、将来的にガンなどを発症したり、その子供が障害児で生まれてしまう可能性があるのです。

それらを考えると、少しでも放射性物質から我が子を守ってあげたいですよね。

簡単に出来ることと言えば、子供が口にする食べ物に注意するぐらいでしょうか。
他にも、測定器などが売られているので、気になるようであれば測定するのも良いかもしれません。

一日でも早く、安全で安心な生活がしたいものですよね。。。





  1. 2012/03/27(火) 18:01:49|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<内部被曝と食材 | ホーム | 除染の仕方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://housyanou625.blog.fc2.com/tb.php/13-d2cc1a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。