FC2ブログ

放射能とはどんなものなのか?

放射能汚染は目で見ることが出来ません。 今は、放射能測定器というものもあるようです。  原発事故により身近な物になってしまった今、放射能とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

外部被曝とは?

最近のニュースで、よく外部被曝という言葉を聞きますよね。

その外部被曝とは、どのような意味なのでしょうか?
外部被曝というのは、人体の外側から被爆することをいいます。

普通に生活するうえでも、外部被曝は存在します。
自然界にも放射線はありますし、医療検査などを受ける時に放射線を浴びてしまうこともあるのです。

世界的な平均では、1年間で約2.4ミリシーベルト放射線を浴びているとされています。
日本での平均は、1年間で約1.5ミリシーベルトといわれています。

1年間にどのくらい放射線を浴びても大丈夫なのかは、年齢や性別、健康状態にもよりますし、個人差もあります。
同じだけの放射線量を浴びても、癌を発症する人もいれば、しない人もいるのです。

しかし、放射線を浴びてしまうと、活性酸素が増えてしまうのです。
活性酸素は、増えると老化が促進されたり、健康に害を与えることはわかっています。

やはり、外部被曝を避けるようにし、放射線を浴びないようにするほうが健康には良いのです。

対処法としては、花粉症対策と同じような方法が有効とされています。
マスクや帽子、ゴーグルなどを着用して、できるだけ肌を露出しないようにしたり、
自宅に入るときには、外で洋服などをはらうといった方法です。


放射線は、浴びる線量が多ければ、遺伝子やゲノムが損傷を受けてしまいます。
その結果、癌になったり、不妊症になったりする恐れもあるのです。

なるべく外部被曝を避けるようにしたいものですね。




  1. 2012/03/06(火) 09:09:53|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<内部被曝とは? | ホーム | 放射性物質の危険性>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://housyanou625.blog.fc2.com/tb.php/10-5240aef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。