FC2ブログ

放射能とはどんなものなのか?

放射能汚染は目で見ることが出来ません。 今は、放射能測定器というものもあるようです。  原発事故により身近な物になってしまった今、放射能とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放射性物質の危険性を考える!

東日本大震災の爪あとは、まだまだ残っています。
その中でも、震災地域にお住まいの方々が心配なのが、放射性物質ではないでしょうか。

放射線被曝は、人体に多大な悪影響を及ぼします。
では、放射性物質がどのようきキケンか。キチンと理解してますか?

まず、放射能とは、原子核が崩壊して放射線を出す能力の事を言います。
放射能の単位はベクレルで、1ベクレルは1秒間に1個の原子核が崩壊する事を意味しています。
この放射能を持つ物質が「放射性物質」と呼ばれているのです。

放射性物質は極めて不安定で、一定の確率で原子核崩壊を起こし、放射線が放出されています。

人が放射線を浴びる事で人体に起こる影響は
 ・DNAの鎖が破壊される。
 ・2本の鎖をつなぐ塩基が壊されたりする
などが、あります。

この影響を放射線被曝と言います。
放射線被曝する事によって起こる人体への悪影響が、放射線障害です。

放射線障害には、2つに分けられます。
 ・急性放射線障害(数週間後ぐらいまでに出る)
 ・慢性放射線障害(数年、場合によっては、数十年後に出る)

急性の症状
 やけどや内臓などからの出血、痙攣、脱毛、目の水晶体混濁、白血球減少、永久不妊など。
 多量の放射線を浴びた場合には、死に至る事もある。

慢性の症状
 癌や白血病、白内障、胎児の障害、遺伝障害など。


つまり、今現在大きな体への影響が自覚されなくても、数年後、数十年後には症状がでてくる場合があるのです。

被災地域でお住まいの方々は、日々このような恐怖と隣りあわせで暮らしているのです。

一刻も早く、安全で安心な生活ができますように・・・。





  1. 2012/01/17(火) 18:43:54|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<放射性物質セシウムについて考える! | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://housyanou625.blog.fc2.com/tb.php/1-bc221128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。