放射能とはどんなものなのか?

放射能汚染は目で見ることが出来ません。 今は、放射能測定器というものもあるようです。  原発事故により身近な物になってしまった今、放射能とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原発事故と危機意識

福島原子力発電所の事故は、日本に多大な影響を及ぼし、
現在では、原発反対などの運動に発展しています。

実は火力発電や水力発電においても、事故は発生しています。
それらの事故は、電力会社や発電所のHPなどで、報告が掲載されていますが、
一般のほとんどの人は、知らずに過ごしているのではないでしょうか。

また、原発の事故は他の発電所の事故とは規模が異なり、
大きな影響を与えるため、原発の危険性の論争は耐えることがありません。


今回の福島原発の事故は、当然天災の影響もあるでしょう。
しかし、ほぼ同じ規模の地震や津波を受けながら、事故を起こさなかった原発もあることから、
天災と人災の両方が重なって起きた事故であると考えられるのです。

事故後に福島第一原発は、事故が拡大してしまう要因を元々持っていたが発覚しました。


身近な電気のこと、私たちは全く理解していなかったのだと、改めて考えさせられます。
全てを当然と考えるのではなく、危機意識を持ち、理解する必要がありますね。




スポンサーサイト
  1. 2012/06/26(火) 14:06:23|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セシウムが及ぼす人体への影響

福島電子力発電所の事故以来、『セシウム』という言葉をよく耳にするようになりました。

実は、放射性物質の中でも、特に人体に悪影響を及ぼすのは放射性ヨウ素と放射性セシウムなんです。

特にセシウムは、放射性ヨウ素の半減期が8日と短いのに比べて、
セシウム134で2年、セシウム137で30年と大変長い半減期を特徴としていることからも、
危険性が高いとされているんです。


今回は、そのセシウムが人体へ与える影響について、調べてみました。

セシウムが体内に取り込まれると、体内の様々なところに広がり内部被曝を受けることになります。
特に消化器や筋肉に集まりやすいと言われ、遺伝子や染色体を直接傷つけることも問題でしょう。

遺伝子や染色体を傷つけることは、癌の発生率を高めるということになります。
もちろん、絶対癌になるというわけではありませんし、
専門家の中では、癌になりやすくなるという意見に否定的な人もいます。

しかし、人体への影響があることは間違いなく、
不妊やけいれん、歩行困難、心臓血管系の疾患が増えるなどの影響が代表的でしょう。




  1. 2012/06/19(火) 14:03:55|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野菜宅配で安全な野菜を食べる!

福島原子力発電所の事故後、一部の県の野菜が放射性物質の基準値を大幅に上回っていたことが原因で、
出荷停止などの処置が行われましたよね。

産地などは私たち消費者でも確認することはできます。
しかし、肥料や堆肥などの資材までは確認することが出来ず、不安ですよね。

そんな時に便利なのが、野菜宅配です。

無農薬、有機栽培の野菜だけでなく、最近では放射性物質の検査体制を整えている宅配会社もあります。
その会社では、社内で放射能検査が実施されており、万一、基準値を上回るような野菜や果物があった場合には、出荷しないという処置を行っています。

基準値についても、自主規制値を設定して、国が定めている暫定基準値の10分の1にしている会社もあるようです。

また、作付け前に土壌の検査を行ったり、基準値をオーバーしていた場合には、作付けしない、収穫しないなどの対応を行っているようです。

もちろん、肥料や堆肥に対する検査も実施されています。


野菜出荷前のサンプル検査、納品時の放射線量の測定と、安全管理を徹底している野菜宅配会社や、
更に、放射能情報を定期的にホームページで提供している会社などを選ぶと安心です。





  1. 2012/06/12(火) 11:18:48|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浄水器で放射性物質を取り除く!

前回、ウォーターサーバーの安全性について、取り上げました。
しかし、家庭においてはウォーターサーバーより浄水器が一般的ではないでしょうか?

実は、最近では放射性物質を取り除ける浄水器が発売されているようです。
こちらも前回紹介したウォーターサーバーと同様に逆浸透膜(RO膜)を使用しているようです。
RO膜を使用していることで、水道水の中に含まれている放射性ヨウ素やセシウムを取り除く事が可能です。
しかし、ストロンチウムやプルトニウム、ウラニウムやキセノンと言った放射性核種を取り除く事は出来ません。


ストロンチウムやプルトニウムを取り除く事が出来る浄水器は、
セルドンテクノロジーの特許であるナノカーボンファイバー浄水技術を使用した世界初の浄水器システムになります。

この浄水器は、世界で唯一実際に放射能物質であるプルトニウムやセシウムを使用した製品テスト済みの浄水器とされ、
RO膜を利用した浄水器と兼用して使用することで、確実に水道水から放射性物質を取り除く事が出来ると考えられます。





  1. 2012/06/05(火) 11:07:03|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。