FC2ブログ

放射能とはどんなものなのか?

放射能汚染は目で見ることが出来ません。 今は、放射能測定器というものもあるようです。  原発事故により身近な物になってしまった今、放射能とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シーベルトとベクレル

東日本大震災がきっかけで起こった福島原子力発電所の事故発生後、
私たちの生活の中で聞き慣れない言葉が飛び交うようになりました。

『シーベルト』と『ベクレル』も、そうです。

知識の無い私たちは、その違いがよくわかりません。

今回は、このふたつの違いについて、調べてみました。

1.シーベルト(Svで表示)
  人間が放射線を浴びた時にどれくらいの影響があるかと言う事を表す時に使用する単位。
  α線やγ線など、種類や距離によって、人体への影響の大きさも異なります。
  

2.ベクレル(Bqで表示)
  1秒間に原子1つが崩壊する事を1ベクレルと言う。
  元々「キュリー」という単位であったが、現在では国際的にベクレルで統一されている。




スポンサーサイト
  1. 2012/04/24(火) 19:01:25|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

専門家の意見は尊重すべきか?

東日本大震災後、放射性物質などについて調べることが多くなったと思います。
でも、専門家によって、意見は違っていますよね?何故なんでしょうか?

やはり、その専門化が何を専門としているかによるのではないでしょうか?

自分の専門分野に関しては詳しくても、他のことについては間違った認識を持っていることがあるようです。

さらに、放射能物質や原子力発電に関する用語が、統一されてないことも拍車をかけていると考えられます。
以前お話した『メルトダウン』という言葉も、具体的にどういう現象を指すのか異なっているようなのです。


専門家の意見を聞く前に、その人が何を専門としているのかなどを確認しておくほうが良さそうです。
また、一人の専門家のいうことをそのまま鵜呑みにするのはやめ、
いろんな人の意見を、総合的に判断することが大切でしょう。



  1. 2012/04/17(火) 18:05:57|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メルトダウンについて

東日本大震災後、福島第一原発のニュースにおいて、『メルトダウン』と言う言葉をよく耳にしました。

メルトダウンとは、『炉心溶融(ろしんようゆう)』と訳されていますが、人によって使い方が違うのが現状のようです。

炉心溶融とは、燃料体が原子炉冷却材の冷却能力の異常な減少や炉心の異常な出力上昇などによって、
加熱し、燃料集合体や炉心構造物が溶融することです。
さらに、炉心損傷で発生した破片状の燃料が溶解することも含んでいます。

簡単に言うと、燃料集合体が冷却されなかったり、温度が上昇しすぎることでとけてしまうことです。


このメルトダウンが続くと、圧力容器や格納容器を溶かして、外に漏れてしまいます。
これを『メルトスルー』といい、メルトスルーが続くことで建屋の外に出てしまうことを『メルトアウト』と言います。


福島第一原発の事故では、
3月12日に1号機が、3月14日に3号機が、3月15日に2号機がメルトダウンを起こしていたことが、5月24日になってわかりました。

メルトダウンが続いてしまうと、問題はさらに深刻化します。
一日も早く、安全で安心した生活が送れるようになりたいですよね。。。



  1. 2012/04/10(火) 18:04:28|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内部被曝と食材

内部被曝を防ぐことは、とても難しいことです。
特に人間は食べなくては生きていけません。
そんな食べ物で注意するべき食材とは、どのような物があるのでしょうか?

一番重要なのは、産地でしょう。
産地や加工状態のわからない外食も、できるだけ避けたほうが無難です。

野菜であれば、葉物野菜や根菜は特に注意が必要だといわれています。
予防策として、よく洗う、葉物の外側は捨てるという方法がありますが、
放射性物質は気休め程度しか減少しないと言う話もありますので、汚染されている可能性があるものは買わないのが一番でしょう。

ほかにも、キノコや海草も放射性物質を溜めやすいといわれています。
玄米や全粒粉は放射性物質を溜めやすいとされているので、精製されたものの方が安全性は高いでしょう。


肉類は明確な産地を記載せず、『国産』としか表記していないことが多いものです。
産地がはっきりとわかるブランド肉や外国産を選ぶ方が良いかもしれません。

乳製品などは、どこの牛乳を原料にしているのかわからないことが多いものです。
検査をしていないことも少なくないので、避けた方が無難です。


産地に注意して、信頼できる販売店を選ぶことも重要です。


  1. 2012/04/03(火) 18:03:01|
  2. 放射線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。